家族葬に呼ぶべき人

家族葬で困る事

家族葬で困る事 家族葬とは、最近増えているお葬式のスタイルです。その名の通り、家族のみの式と思われがちですが、そうでもありません。確かに、ご近所の人や故人の仕事関係の人は呼ばないことになっていますが、親戚や故人の友人等は呼ぶ場合もあります。実は、家族葬は新しいスタイルのお葬式になるので、まだそのやり方が確定しているわけではないのです。昔から多くの家で行っていたお葬式のスタイルとは違い、決まり事は特になく、その家族の考えに任されています。だからこそ、迷うという事も多いでしょう。

特に迷うのは、呼ぶ人についてでしょう。従来の式ですと、親戚、会社関係、ご近所、その他にもプライベートで親しかった友人、同級生などで、遺族がパニックになるくらい沢山の人数になります。そうなると、お知らせをしたり、御香典返しをしたりと事務的なことがものすごく大変になってしまい、悲しむ間もないくらいです。中には親戚といっても、遠方で付き合いは全くないという人もいます。そのような人の場合、やむをえず参列ということになるのは仕方のないことですが、それでは相手にも悪いし、故人に対しても良いことなのかどうかという考え方もありました。そういったことから、家族や親しい人のみで故人を見送ろうという家族葬の考え方が生まれました。

費用の面でも、従来のものよりは掛からないというのはメリットかもしれません。ただ、やり方がなかなかわかりにくいというのが難点でしょう。その場合は、頼りは葬儀会社になります。こういった様式を良く扱うような葬儀会社を選んで、わからないことなどは何でも聞くと良いです。葬儀会社の方でも、どんどん質問してもらった方がその家族の考え方がわかってやりやすくなります。どんな人を呼ぶべきかについても、分からないと思ったら、葬儀会社の担当者に相談しても良いのです。こんなことを聞いて良いものかと思われそうですが、構わないでしょう。特に、このような家族葬を多く扱ってきた会社の人は豊富な経験がありますから、事例をもとにうまく説明してくれます。もちろん、個人情報があるので詳しく話すことはできないでしょうが、過去にこのような事例があって、こういう関係の人を呼んでいたとか、このような関係の友人を呼ぶという人が多いなど、わかりやすく教えてくれます。そういった話を聞くと、初めて家族葬を行う遺族にとっては有り難いもので、このスタイルを取る人が多いならば、うちもそうしようと思えますし、他の家が同じような考えで良かったと思えるでしょう。何よりも、後押しがあるようで安心できます。お葬式会社と相談しながら、呼ぶ人についても家族で話し合って決めると良いです。

お知らせ